疲れにくい座り方③と頭を働かせる座り方

動坂指圧の小川です!

前回までは「疲れにくい座り方」をご紹介しました。ちょっとした裏ワザとして、疲れにくい座り方が簡単にできる方法があります。座った時に紐やゴムバンドで太ももを縛ってしまうのです。きつく縛るのではなく、膝と膝は握り拳1つ分の隙間を開けて縛ります。そうすると前回お話ししたような「足が遊ぶ」状態にはなりませんので、楽に座っていられます。ただし見た目があまりよろしくないので(笑)、人目につかない場所で試して頂けたらと思います(^^;)

ちなみに「疲れにくい座り方」というのは、適度な筋緊張を保ちつつできるだけ脱力した座り方です。つまり体をリラックスさせる方向に持っていく傾向がありますので、集中して考え事をしたり頭を働かせたい時には若干向いていないと言えます。頭を働かせたい時は、足を組んだりして重心を左右どちらかにずらしてあげると良いです。「考える人」はまさに頭を働かせる座り方をしていますね。「疲れにくい座り方」と「頭を働かせる座り方」を巧みに使い分けることができると体も楽ですし、仕事や勉強の効率UPに効果的だと思います。今回の内容の動画も参考にどうぞ。

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です