風邪・インフルエンザ対策

動坂指圧院長の盛です!

今年は例年以上にインフルエンザが大流行していますね。

来院されている内科の先生のお話ですと、いつもならこの時期くらいから減少してくるインフルエンザの患者さんが、減らないどころか増えていて、多忙過ぎてスタッフの負担が半端ではないとのことでした。

お医者様も大変ですね。。

原因は寒波による気温の低下が続いているせいだと思われます。

風邪やインフルエンザにかかりやすい人、かかりにくい人がいますが、違いは免疫力の差です。健康で体温が保たれていますと、免疫力が高くインフルエンザなどのウイルス感染を許しません。逆に体調不良で体温が下がりますと感染率が高まります。

ですので風邪インフルエンザを予防する方法は「体温を上げる」ことです。

手っ取り早い体温を上げる方法としましては

①冷えの入り込む首下(背中)と腰にカイロを貼る
②熱いものを飲む、食べる
③元気であれば筋肉を動かす(スクワットなど)
④葛根湯を飲む(体力による)
⑤全身指圧を受ける

などがあります。

体力低下の予兆(寒気、頭痛、筋肉痛、関節痛、透明な鼻水、下痢など)が出てきたら、速やかに対応して体温を上げることが重要です。

予兆が出ているのに気づくのが遅れるとウイルス感染されますので、できるだけ早めに予兆に気づくことがポイントになります。

皆様お体に気をつけてお過ごし下さいd=(^o^)=b

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:0120-741-402(携帯OK)

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です