患部のケアについて

動坂指圧の小川です!

患者様から「痛いところは温めた方がいいですか?冷やした方がいいですか?」と質問されることがよくあります。大まかに言いますと、慢性的な肩こりや腰痛でしたら温めてくださいギックリ腰や捻挫のような急性炎症の場合は、氷嚢や冷シップで冷やしてください

どちらにすればいいかわからない場合、例えば「ギックリ腰をやってから数日経っている」ような時は、お風呂に入った時に患部に不快感があるかないか確認してみてください。普通に気持ち良ければ患部を温めてOK。ジンジンして痛かったり不快感があるようなら冷やす。そう判断していただければよいかと思います。どうしても判断がつかないようでしたら、来院時にご相談くださいね(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

多くの人がやっている階段の昇り方について

動坂指圧の小川です!

今回は階段の昇り方についての話です。駅で階段を昇る人の足元を見ていると、ほとんどの人が踵を浮かせた状態で階段を昇っています。踵が接地していないので、ざっくり言うと爪先立ちで体を持ち上げているのです。毎日その昇り方をしていると足の筋肉に過剰な力が入り、足首や膝や股関節も硬くなって体が上手に使えず疲れやすくなります。「健康のために階段を使っています」という人はたくさんいますが、逆に疲れやすい体を作ってしまう・・・そんなケースは多いのでないでしょうか。

どうすればいいかと言いますと、なるべく足裏全体を接地することです。そして土踏まずに体重が乗るのを感じることです。正確に言うと、足裏の中央からやや踵に向かったところに重心がくるといいのですが、イメージしづらいので土踏まずに乗る感覚で結構です。土踏まずはアーチ状の形をしているため、体重が乗るとクッションの役割をし、蹴り出す時はバネの役割を果たして体を押し上げる補助をしてくれます。なので不要な筋力を使わず、効率的な良い運動ができます。

階段をよく使われる方は、しっかり足裏全体を接地して昇っているかセルフチェックをしてみてください(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

何もしていないのに疲れやすい理由

動坂指圧の小川です!

「特別な事は何もしてないのに疲れるんです」と仰る方がよくいらっしゃいます。忙しかったわけでもなく、運動したわけでもなく、いつも通りに過ごしていただけなのに疲れる・・・誰もがそんな経験はあるかと思います。それは普段の何気ない立ち方や座り方、歩き方などが疲れやすいものになっているからです。

人間には骨格があり、本来は骨格が体重を支えて筋肉がそのサポートをする役割がありますが、少しずつ溜まった疲労で筋肉が凝り固まっていると、体の軸が不安定になって体重が骨格に上手く乗らなくなり、その分筋肉が支えようとさらに固くなる、という悪循環に陥ります。だから普段通りの生活でも疲れてしまうのです。固まった筋肉をほぐしてあげると、体の軸が安定してきますので筋肉の過剰なサポートも減って脱力しやすくなり、体が楽になります。「なんとなく疲れる」「体が重い感じがする」と感じたら、是非指圧を受けてみてください。使いやすい体になって元気になりますよ(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

秋のぎっくり腰のおはなし④

動坂指圧院長の盛です!

今回はぎっくり腰にならないための予防法をご紹介します。

ぎっくり腰は「まだまだやれる」「体力には自信がある」と頭では思っていても、無意識な部分で余裕が無くなっている時に起きます。

身体に余裕が無くなっていることを頭で自覚できればぎっくり腰にはなりません。

ですから普段から腰に触れて擦ったり、手を当てて回してみたりすれば良いのです。

今日は腰の調子どうかな?と毎日確かめていれ意識と体の解離が無くなってぎっくり腰は避けられます。

しかし私にも心当たりがありますが、ぎっくり腰になる時は身体の状態を省みることなど忘れてしまっています。結局余裕が無いということですね。

ですから定期的に指圧を受けていただくことをおすすめいたします。他覚的に良い刺激が入ると意識と無意識が調整されて自然治癒力が高まります。

自己指圧法として脇腹(骨盤の上)を両方から軽く親指で押しながら腰を円を描くように回して下さい。何度かやります予防できます。

ご参考までにどうぞ(^O^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

TEL:03-3824-1250(携帯OK)

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

 

 

 

 

 

 

 

多忙な方におすすめのリラックス方法

動坂指圧の小川です!

今回は「休みが取れないくらい忙しい!」という方におすすめの、こまめにリラックスできる方法をご紹介します。

とても簡単な方法で、ただ「ゆっくり動く」だけでいいのです。忙しくて余裕がないと、体の動きはセカセカして無駄に筋肉に力が入って、肩コリや腰痛などを誘発します。

まずは「ゆっくり話す」「ゆっくり書く」をやってみましょう。ちょっとしたお喋りの時や手帳にスケジュールを書く時など、急を要さない時からで構いません。普段何気なくやっていることをゆっくり行うと、体の力が抜ける感覚が出て、精神的にも余裕が生まれて気分が落ち着きます。

慣れてきたら、食事や歯磨き、着替えなど色々な動作をゆっくり行ってみると、忙しい中でもリラックスタイムが作れます。良かったらお試しください(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

「妊娠中でも指圧を受けられますか?」

動坂指圧の小川です!

「妊娠中でも指圧を受けられますか?」という質問をよくいただきますが、もちろん妊婦さんでも大丈夫です(^^)

うつ伏せにならなくても横向きと仰向けで楽な姿勢になっていただいて、全身のお辛いところをしっかり指圧でほぐします!胎児が大きくなってくると、腰痛や足のむくみなどの症状が出やすくなりますので、定期的な体のメンテナンスで体調管理をオススメします(^^)d

また、産後の不調や育児のお疲れにも指圧は効果的ですので、お悩みの方はご相談いただければと思います!

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

秋のぎっくり腰のおはなし③

 

動坂指圧院長の盛です!

今回は実際にぎっくり腰になってしまった時の対処法をおはなしいたします。

ぎっくり腰の痛みは前回おはなしたとおり「腰の捻挫」の痛みと「筋筋膜ロック」の痛みの2つが合わさって起きます。

まずはなった直後はできるだけ安静にすることが大切です。

「腰の捻挫」が起きた瞬間、動かないで安静にしていると次に起きる激痛を伴う「筋筋膜ロック」がかかりづらくなります。

日常生活の中で隠れた腰の疲労がピークに達した時、気を抜いた瞬間を狙ってぎっくり腰が発生するので

安静にできる状況にないかもしれませんが、なった直後に5分10分でも動かないでいると、その後のぎっくり腰の治りがとても良くなります。

「筋筋膜ロック」がかかってしまい、動こうとするたびに激痛が走る場合は

まずは「筋筋膜ロック」が発生する要因になっている「腰の捻挫」に対してアイシングもしくは消炎湿布などを貼って炎症を押さえること。

それからゴムバントやサラシなどを巻いて(なければ手で痛い場所を押さえて)腰をサポートして少しずつ下半身(股関節)を動かす必要があります。

「筋筋膜ロック」の目的は腰を守るために骨盤を強制的に安定させることです。動かないでいれば痛みは少ないですが、ロックはなかなか解けないので少しずつ下半身(股関節)を動かすこと。

一般的なぎっくり腰の対処法が「安静にしなさい」と「ある程度動かしなさい」があり混乱して対処を間違う場合がありますが

「腰の捻挫」と「筋筋膜ロック」の2つの痛みに対してアプローチすることを頭で理解していると、ぎっくり腰の完治をとても早めます。

 

まとめ

①ぎっくり腰になった瞬間は暫く動かないでいる。(腰の捻挫と筋筋膜ロックの悪化を防ぐ)

②痛みの原因の一つ「腰の捻挫」に対してアイシングまたは消炎湿布を貼って炎症を押さえる。

③痛みの原因の一つ「筋筋膜ロック」を解くためにゴムバントなどて腰を安定させて、なければ手で痛い場所を押さえながら下半身(股関節)を少しずつ動かす。

 

ご参考にしてください(^.^)

 

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

TEL:03-3824-1250(携帯OK)

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

ご相談・お問い合わせ大歓迎です!

 

動坂指圧の小川です!

10月も下旬になり、朝晩が冷え込むようになってきましたね。風邪をひかれてはいないでしょうか?人間の体は気温が上がったり下がったり変化が激しい時に不調になりやすいので、風邪以外にも肩コリ・腰痛がひどい、なんとなく元気が出ないなどの症状が出てきます。そのようなご不調がございましたら何でもご相談ください(^^)

また「予約をしたいけど何分コースを受ければいいかわからない」というご質問もいただきます。その際は症状やご希望をお伺いしてこちらからも最適なコースをご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)d

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

TEL:03-3824-1250(携帯OK)

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

国家資格取得者が施術しています!

動坂指圧の小川です!

動坂指圧のスタッフは全員「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を取得しています。この資格を取得するためには、厚生労働省認定の専門学校で3年間、指圧の実技や解剖学・生理学、経絡経穴など体のことに関して勉強し、国家試験に合格する必要があります。

時々患者様から「国家資格を持ってますか?」と聞かれることがありますが、しっかり国家資格を取得していますので安心してご来院ください!国家資格の有無もお店選びのひとつの基準になると思いますので、ご参考までに(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘